エコシャワーは環境特性・作業性・安全性・経済性に優れている
従来機との比較
従来機とはここが違う
エコシャワー サンドブラスト工法 高圧ジェット水工法
対象物への損傷性 ×
剥離洗浄後処理
メディア回収 なし あり なし
作業性 殆どない 粉塵問題あり 危険性大
安全性 6kgf/cm2 6〜12kgf/cm2 1000kgf/cm2
メンテナンス性
環境特性 洗浄廃水処理が必要 電気、水を多量に使用
経済性
従来機の特徴
サンドブラスト工法
コンプレッサーによる圧縮空気により、メディアとして用いる砂、ガラス、プラスチック等の固形物を対象物に噴射して、塗装等の汚れを剥離・除去する洗浄法。
対象物に損傷を与える可能性があり、また洗浄後にメディアの回収が必要となる。
機械類やプロセス機器の洗浄においてはメディアの残留が問題となる。
高圧ジェット水工法
コンプレッサーを用いて高圧水とし、対象物にジェット噴射して、塗装等の汚れを剥離・除去する洗浄法。
1000kgf/cm2と非常に高い圧力を用いるため、作業の安全性確保が求められる。
高圧水噴射のため、多くの水の使用を必要とする。